カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ardor3 は諦めた。主力はQtractorへ
MIDIの音源を複数同時に使えない、というのが理由。結構頑張ったんだけどなぁ。

Qsynthで二つ用意できるんだけれど、二つ目からは音が出ない。
QJackの方で、音源を割り当ててもやっぱり出ない。

Qtractorの方は、プラグインで個別に割り当てても、Qsynthでまとめても大丈夫。

Ardour3 のMIDIがこなれるのを待つことにしよう。
なので、原音はQtractorで、加工はArdour3で、と使い分けてみよう。
録音時のeffect、まだまだよくわかりません。


スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

Ardour3 のマニュアル
Ardour3 a user's guide

Ardour3のマニュアルを見つけた。

色々とわからないことが続いているけれど、今の問題(to do list)は次の通り。
・HexterをArdour3から使えない。
・その他の音源も使えていない?
・代替案は、サウンドフォントの充実?
・Ardour3のMixerの使い方がわからない。effectやAutomationを反映した録音など。

まずはHexterかな? 何を間違っているのだろう?


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

Ardour3 で録音ができた


比較的簡単に実現できた。
1.録音用のトラックを作る。
 ステレオにすることを忘れなければ問題なし。
2.そのトラックを録音状態にする
 この状態で再生すれば、トラックに音が入る。レベルメータが動かない=音が入力されない時は、QsynthとHydrogenの出力がこのトラックにきていない。ミキサーの画面でトラックの上のほうに入力を選ぶボタンがあるのでそこで選択すればOK。
3.レベル調整する。
 音を聞きながら、バランスをとってレベル調整。
4.録音ボタンを押した状態で再生する
 すると録音用のトラックに録音される、赤い背景色になって波形が表示されて録音されていく。上の写真の下のほうのトラックがそれ。
5.ファイルにエクスポート
 終了したらトラック上で右クリックしてエクスポート。ファイル形式はいろいろ選べるが、とりあえずWAV形式で題してみた。OK!

ちょっと、はまったのは録音がMIDIファイルの最後で、ぷつんと切れてしまうこと。なんで?と考えたら、Hydrogenでのパターンファイルが終わった時点で切れていることがわかった。無音の小節をくっつけて無事解決。

それと、Fedoraの説明サイトがよくできているので覚書
ミュージシャンのガイド

次は、、、UTAUだな。以前から進歩しているだろうなぁ。


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

Ardour3 と Hydrogen を同期できた
京都の自宅にもUbuntu Studio を入れて遊んでる。
パーカッションはサウンドフォントではなくて別音源でやりたい、というのが希望。

MIDIファイルの再生音源を変えるだけだと、別の音に割り当てられてしまって(ドラム音源が別途番号を持っている?)望みの音が鳴らない。
最初は、割り当てを変えるものを探すか、MIDIファイルをいじろうと思ったけれど、世の中はドラム音源のほうでパターンを打ち込んで、WAVで書き出すか、同期させるか、のどちらからしい。

で、同期させる方法を探したら、見つかってうまくできたので覚書。
Sync Hydrogen and Ardour

Ardour3にinternalというボタンがあるからそれを押してJACKに変えればよい、これだけ。

打ち込むのもそれほど難しそうではないし、いろんな音源をあてはめられるみたいだいし、音ごとにいじれるみたいなので、まずはパーカッション可能性は格段に広がった。万歳。

to do List
・[Ardour3] 録音の仕方、mp3ファイルでの書き出し
・UTAUの再履修(Windows)
・[Ardour3] efectの使い方
・[Ardour3] 外部音源の使い方(たぶん簡単)


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

DTM Ardour3 で音が出せた!


いろいろ調べてやっとこさ成功。参考になるのはここ。

MIDI on Linux

こちらの環境は以下のとおり。
CF-W7、Ubuntu Studio 14.04 適当なMIDIファイル。
QJackCTLを起動。Qsynthを起動してsoundfontを割り当て。
Ardour3を起動して、MIDIファイルを読み込む。

ここからが必要な処理で、
Terminal画面から「a2jmidid -e」と打ち込んでデーモン起動。
Ardour3のMIDI Configration画面から、各トラックの出力をQsynthにつなげる。
(上記の処理をしないと、Qsynthが出てこない)
(あと、Jackの接続でardourとasjをつなぐ、ひょっとしたらこれは不要かも)

参考にしたサイトには、a2jmididの自動起動の方法が説明されているけれど、うまくいかなかった。

大きな一歩を踏み出したので、次は録音かな?


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。