カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

剛性UP センター部
naka-1.jpg問題はセンターユニット。ブレークインする時に、前後のバンパーを両手で持ってひねって見ると、明らかに回転音が変化する。時計回りだと抵抗が少なくなって早くなる感じ、反時計回りだと抵抗が増えて回転が遅くなる感じ。ギアの噛みあわせは改めて調整するとして、この剛性不足はなんとかしなくては。で、用意するものは、ITEM 15193 (GP193)FRPマルチ補強プレートセット。センターユニットの真ん中よりの孔にかなり長めのネジを取り付けてます。これも下からネジを通します。ワッシャは使いません。

naka-2.jpg前後をまっすぐつなぐように2本並べても良いのですが、なんとX字に取り付けることができます。これでかなりの剛性UPが期待できます。
とりあえず、A2、A6のギアカバー、電池ホルダーも取り付けてありますが、ギアカバー部分だけにする方法が見つかれば、ばっさり切り取って、高さを下げたほうが良いかも知れません。また、不要なネジ部分は切り取って短くしたほうが良いでしょう。当然、ボディの改造が必要です。

この改造は自分で考えたのですが、世に出たのは2chの方が5日(11/22)早かったです。ざーんねん。


スポンサーサイト
剛性UP リア部
ushiro-1.jpg次はリアユニットですが、こちらの方は、フロントと違って簡単。ITEM 15243 (GP243)スーパーXシャーシ・FRPリヤーローラーステーを使います。後端の孔にこのステーをねじ留めしますが、その時には下からネジを通します。ワッシャは使いません。

ushiro-2.jpgこれが、リアユニットを取り付けた状態。ネジの頭だけなので、リアユニットの取り付けに支障はありません。取り付けたらナットを締めて完了!
上の写真の5つ並んだ真ん中、縦に並んだ2つ、先端の3つの一番内側が、リアユニットの穴と合致するのでこの位置にネジを用意しておきます。リアユニット上面は既にセンターユニットと高さが合っているので、プレート類を取り付けてはいけません。



剛性UP フロント部
今回のシャーシの特徴は3分割と言うことですが、一番気になるのは剛性がどうかということ。ゆがみやすいシャーシではロスや抵抗につながるので、組み立てて検証。以前のシャーシに比べると前後のバンパーの剛性はUPしているように思えるけれど、平べったくなった分センターユニット部分がネジレ易くなった気もする。とりあえず、グレードアップパーツを使って剛性UPの工夫など。

mae-1.jpgフロントは、各種FRPプレートを当ててみたけれど孔位置がどうしても合いませんでした。バンパー部分にFRPプレートを取り付けるとして、センターユニットとフロントユニットの接合部分はガタがあって気に入りません。せっかく接合部分のピンには2mmのネジを通すための孔が開けてある(?)ので、この部分を利用してしっかり留めるようにしました。
まずは、適当な長さのネジにワッシャをかまして、センターユニットの先端部の孔に取り付けます。

mae-2.jpg次に、フロントユニットを取り付けたら、裏返して、同じようにワッシャをかましてナットで留めます。左側が留める前、右側が留めた状態。微妙にフロントユニットの方が出ているので、ネジ留めする事でしっかりと接合することができます。フロントユニットのローラーセッティングには影響なし。
あとは、昔のブーメラン10のように、ボディ先端でFRPプレートを押さえる改造はやった方が良いと思ったり。


センターユニットよりの孔にネジが立っているのはセンターユニットの剛性UPのためのもの(^^;


ナイトロフォースを買いました
昔、子供たちと遊んでいたミニ四駆が再び発売されたので、買ってみました。
買ったのは良いけれど、走らせるためのコースは嫁さんの実家の倉庫の中なのでスピードチェッカーの上を走るだけの寂しい状態。
そのうち、走らせる場所を見つけてやるぞ!ということで、走らせて見るまでは、このネタも仲間に入れてあげよう。

楽天でミニ四駆PROを検索する

おお、新製品の予約販売まであるではないか。GTカーみたいだけどあまり格好良くない。
gigashot ファームアップデート実施
ホームページの説明にしたがって実施しました。実行自体は問題なく終了したのですが、
・ファームのダウンロードボタンを早い時点でだすなよ~
と言いたい。(キッパリ)
ダウンロードボタンと作業説明の順に画面に並んで表示されるので、デスクトップに保存してから作業説明を読むと、gigashotを接続してから、その接続状況を判断して保存場所をgigashot内のHDDなりSDにするような説明になっている。まぁ、簡単にコピーできるから全然問題ないけど、
「先に説明書をお読みいただき、その指示に従ってダウンロードしてください」とか
「説明書きの中にダウンロードボタンを置く」とかの配慮が欲しいぞ。非常に低レベルな不具合、というか誰もそういうシチュエーションを想像しないのか? チェック不足!!

RD-H2新発売/RD-H1販売再開
05年8月からRD-H1のユーザーです。
最初は、画質に不安もあったけれど、標準の設定で十分満足。WEPGというインターネットを使った予約が出来るのでこちらの方もとても便利。あと、録画した番組毎に最後に見た位置を覚えていてそこから再生してくれるのも嬉しい。

RD-H1が250GB、H2が400GBだけど、通常の使用であれば250GBで十分。この容量で溢れるのなら、「録画したけど見ない」という番組がいっぱいあるだけ、と思う。

今は、DVからのデータを取り込んでPCでDVDに編集する作業を行っている。もう一つの外部入力はVHSデッキ。もうHDDレコーダーどっぷりの生活なり。

これらの製品を購入するのはShop1048という直販サイトから
gigashoto ファームウェアバージョンアップ
最新ファームウェア(Ver1.10J)がダウンロードできるようになったそうだ。メールにて案内あり。

内容は、
・DVD作成リストにおいて、選択された画像の合計容量が稀に誤表示することを修正。
・撮影メニューに「マイク感度」設定機能を追加した。
  標準 : 通常のマイク感度です。
   高 : マイク感度を高く設定します。
   低 : マイク感度を低く設定します。

風切り音やズーム・フォーカス音対策か? 私は全然気にならない、というか気付かない(^^;
それより静止画SD、動画HDDの設定が欲しいなぁ。
OKボタンの情報表示、方向キーのフォーカス・ストロボ設定は本当に便利。
KOSS 改造 その後(その2)
快調に使用しているKOSSの改造Plugだけど、最近、イヤーパッドが伸びて大きくなってきたのか、押し込まれるようになって、端子カバーがニュッと顔を出して格好悪い。
モミモミしながら元に戻していたけど、これも改造の項目として、結構有名みたいなので、早速着手。

切り取った端子カバーを根元に二重につけて、イヤーパッドが押し込まれるのを防ぐというもの。長さを現物合わせしてすぐに作業終了。gigashotV10のスーパーマクロで撮ってみました(^^)/

「KOSS 改造」の大元は、ここ
「背面の穴を塞いだ」改造は、ここ
「金属管加工」の改造は、ここ


gigashotV10 MCレンズガード
シャッターが無いので、レンズガードを目的としてMC(マルチコート)のフィルターを探す。kenkoから出ているみたいなので、それを目当てにビックカメラ名古屋西店の地下一階へ。

kenkoのHPでは、3,000円で特注品だけど、やはり店頭には無いみたい。
かわりに、ハクバ写真産業のHPにある製品を購入、1,029円+還元。

傷が付かないというメリットはあるけれど、デメリットとしてレンズキャップの引っ掛かりが薄くなったので少し取れやすい。添付のケースは底にレンズの段差を吸収するクッションが入っているがその高さが不足してしまう。前者はどうしようも無いけれど、後者はエアキャップを丸めて座布団を厚くした。
まぁ、気持ちの問題かな>MCレンズガード

DUAL化 作業記録
まずはsingleの状態。(出力は抜粋)

[ WCPUID Version 3.3 (c) 1996-2004 By H.Oda! ]
[BIOS Information]
Vendor String : Award Software, Inc.
Version String : ASUS CUV4X-D ACPI BIOS Revision 1014
Release Date : 11/02/2001
ROM Size : 256 KB
[Motherboard Information]
Manufacturer : ASUSTeK Computer INC.
Product String : CUV4X-D
Version String : REV 1.xx
Serial Number : xxxxxxxxxxx

Processor #1 : Intel Pentium III / B04C5637
Platform : Socket370 (PGA370 Socket)
Vendor String : GenuineIntel
CPU Type : Original OEM Processor (0)
Family : 6 (-)
Model : 8 (-)
Stepping ID : 10 (-)
Brand ID : 2 (-)
APIC : ----
HT Log.CPU Cnt : ----
Name String : ----

Internal Clock : 937.61 MHz
System Bus : 133.94 MHz
System Clock : 133.94 MHz
Multiplier : 7.0

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 938.65MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step A]
Cache L1_Data:[16K] L1_Instruction:[16K] L2:[256K]
VideoCard Canopus SPECTRA F11 PE32
Resolution 1024x768 (16Bit color)
Memory 1048,092 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2005/11/20 09:49

VIA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
Maxtor 4R120L0
VIA Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
SAMSUNG CD-ROM SC-140B
Adaptec AHA-2940AU PCI SCSI Controller
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
22998 42694 42537 11966 10531 17502 74
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
45000 39372 6375 644 37869 27182 3536 C:\100MB

これに対して、DUALの状態(これからCPUクーラーを買いにいくので結果はそれから。(^^;)

購入したのはこれ。ドスパラ京都店にてポイントを使って購入。親和産業のSS-30P、1,880円だけどタダ。COOLMASTERの製品も二つあって安かったけど、70mm角の大きさがあったのでパスした。少し高かったけどこいつを選択。
CPUを追加したので、BIOS画面が表示されるが、倍率をMANUALで設定してそのまま起動、CPUが2つ認識されていることが確認できてOSも起動。ベンチを取って2つを確認、さらにこの作業をしているけれど、普通に動いてます。OSを再インストールする必要も無いみたい。

[ WCPUID Version 3.3 (c) 1996-2004 By H.Oda! ]

Processor #1 : Intel Pentium III / 51CF03CD
Platform : Socket370 (PGA370 Socket)
Vendor String : GenuineIntel
CPU Type : Original OEM Processor (0)
Family : 6 (-)
Model : 8 (-)
Stepping ID : 6 (-)
Brand ID : 2 (-)
APIC : ----
HT Log.CPU Cnt : ----
Name String : ----
Internal Clock : 937.55 MHz
System Bus : 133.94 MHz
System Clock : 133.94 MHz
Multiplier : 7.0


★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.30 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Dual Pentium III 936.84MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step A]
Cache L1_Data:[16K] L1_Instruction:[16K] L2:[256K]
VideoCard Canopus SPECTRA F11 PE32
Resolution 1024x768 (16Bit color)
Memory 1048,092 KByte
OS Windows 2000 5.0 (Build: 2195) Service Pack 4
Date 2005/11/20 12:55
VIA Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
Maxtor 4R120L0
VIA Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
SAMSUNG CD-ROM SC-140B
Adaptec AHA-2940AU PCI SCSI Controller
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
28387 85448 85132 20636 13708 29798 74
Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write Copy Drive
31004 34979 6400 931 37869 27068 3368 C:\100MB

後から入手したCPUの方が古い?
Integerは42694から85448とFloatは42537から85132と、ほぼ倍の数値。メインマシンが83105、93966だったので、CeleronD2.66GHzとほぼ同じ。
体感速度は、もちろん以前と変わらない(^^;

左の写真は、ケースの中の様子(と私の左足)。CPU#1と#2でファンの大きさが全然違うのが不自然。ショボイAGPとSOUNDとLANとSCSIがPCIにささっている。出力のケーブルは切り替え器を使っているので集合ケーブルでくるから配線が簡単。マウスで切り替え操作(ホイールを押しながら左右どちらかをクリック)が出来るのでとても便利

DUAL対応CPUの覚書
予備のマシンがASUSのDUAL PentiumIII対応M/Bなのだけど、とりあえず、今は933のSingleで動いている。機会があればDUALと思っているのだけれど、その時のために対応CPUリストの覚書。

http://www.intel.co.jp/jp/developer/design/PentiumIII/prodbref/
ここの表の下にクイックリファレンスガイドが参考になる。

なぜ、こんなことを調べたかと言うと、どうも会社の廃棄マシンの中にP3マシンがあって結構クロック数が高いらしい
・・・
ゲットォォォォ!!!
DUAL対応の933MHzは、完璧じゃないか。ということで効果を調べるためにこれからデータ取り(^^)/

PC 復活!!!
とりあえず、開けてみた。
なんかこげる臭い、やばいかな。で、電源から臭ってくるので「また、コンデンサが爆発したかな?」ということで、電源をはずしてみると、すきまからポロッと落ちてくる部品あり(^^;

開けて見ると、コンデンサ1個が爆発したらしく、足2本、底のゴム、箔、紙くずなどが出てきた。これは間違いないだろう、ということで、予備のPIIIマシンの電源を取り外してつけたところ無事起動!

以前、壊れたのもDOSVパラダイスで購入したケースのものだったので、根本的にケース付属の電源の寿命どおりに壊れているのかも。

もう一つ、SilentKingを買うかな?

PC 不調(シオシオ)
家族みんなで使っているパソコンの調子が悪く、途中でリセットがかかる状態だったのだけれど、ついに起動しなくなった。

P4のIntel純正ボードなのに何がおかしくなったのだろう?
週末まで復旧作業は不可能。困った、困った(シオシオ)
gigashotV10 マクロ,デジタルズームサンプル
batta.jpgマクロで撮影した路上のバッタ夫婦

写真ありタイトルをクリックするとYahooPhotoに保存された横2048×縦1536のデータを見ることが出来ます.
この前日に,別の場所でクモ(蜘蛛)をマクロあるいはスーパーマクロで撮影しようとしたけれど,空中にいる小物体にはオートフォーカスでピントが合わなかった.背景などのある程度の面が無いとだめみたい.もちろんマニュアルも試したけどその時はだめだった.多分,経験不足.
そのすぐ後で,喫茶店のテーブルの傷を撮影したらきちんとピントが合った.んー,微妙.

バッタさんは,「きもい」くらい鮮明.

tori.jpg約20倍のズームで撮影した鳥さん

体長1m程度の大きな鳥さん.川沿いを歩いていたら突然飛び立った.すぐそばの工場の屋根に止まったので,日差しの方向を見ながら移動して撮影.多分,手振れはしていないと思う.30mくらいの距離で20倍ズーム(光学5倍,デジタル4倍)目一杯だった.
残念ながら,こっちはちょっと荒い感じ.それでも500万画素だからこの程度で済んでいるのかも知れない.


操作をしているうちに,左手で画面を保持して,右手でカメラを上向き・下向きにすればよいことに気付く.なるほど,これは撮影しやすい.
gigabeat F41 USBクレードル

F41では,USBクレードルはオプション扱いで別売りです.これに使うことによって可能になることは,
・LAN接続するにはこれが必要.ネットワークドライブとして使える
・直接CDからリッピングができる
・マスストレージ対応USB機器からデータをバックアップできる
・スピーカーをつなぐことも出来る

ところが,
・自宅には,Linkstationというネットワークドライブ環境がすでにある.
・音楽データの取得はお気に入りの方法を使いたい.
・データのバックアップは,先のネットワークドライブへ行う
・音楽は,gigabeatで聴くか,ネットワークドライブから5.1chアンプへ送っている
ということで,個人的にはこれを購入することはありません.

関係ないけど,ネットワーク編取扱説明書の表紙,p5の絵柄は配置が変.特にp5の絵柄は,クレードルの左側に有線コネクタ,右側にハブからの接続線と,2本表示されており理解に苦しんだ.ハブの右側に配置すれば全然問題ないのに・・・.

gigabeat F41 イコライザの設定
プリセットのイコライザが32もある。
FLAT、BASS+、BASS++、LOUDNESS
ACOUSTIC1、2、CLASSIC1、2
DANCE1、2、HARD1、2
HIP HOP1、2、JAZZ1、2
LATIN1、2、PIANO1、2
POPS1、2、R&B1、2
ROCK1、2、VOCAL1、2
USER、SRS WOW1、2、3

音色は作り手の意思、と思うのでFLATでよいと思うのだけれどSRS WOW だけはとても感動的。

SRS Labs, Inc. 音響と音声の技術提供

SRS WOWが何の略なのかを調べようとしたが、全然判らなかった。この機能の欠点は、
・まれに音が割れることがある。
・VOCALが奥に引っ込むことがある
かな。立体感はかなりのものなので、基本的にこの機能を利用していきたいし、そう設定している。使っているのはSRS WOW1、多分、低音・高音の強調が無いモードだと思う。

(●)
 1  の表示がマイクに見えた(^^; というかそうだと思ってた。2,3が表示されてはじめて違うことに気付いた。
gigabeat F41 マスストレージとしては十分!

大きなデータを持ち運ぶ必要が生じたので,早速使ってみた.転送先はWinXPだったけど問題なく認識して,高速に転送された気がする.
以前は,上の写真のようなものを使っていた.余った3.5inchHDDをUSBケースに入れて利用するもので,3k円くらいで作れたので経済的ではあった.しかし,
・重い
・電源が必要,しかもACアダプタも大きくて重い.
・持ち運ぶのに衝撃や振動に注意が必要(写真のクッション材つきの入れ物を利用)
・なんとなく転送が遅い気がする.
などの欠点が気になった.それぞれが解消されることになり,とても満足(特に軽くて電源が不要なところ)

音楽で40GBが埋まることは無いけれど,データなら簡単に埋まりそう.(^^)/
gigashotV10とケーブルが共有できるも嬉しい.クレードルとUSB端子に蓋が無いのが潔い(^^;

メモ1:
縦位置ならAボタンが機能する.横位置の制約多すぎ
メモ2:
日曜日から水曜日まで10時間位の使用でバッテリ空っぽ.最初だからそんなものか?

gigashot V10 初めての使用
いきなり使ってみた。
・屋内体育館でのバレーボールの試合(スポーツ)
・結婚式後の夜の屋外(夜景)
どちらも、撮影シーンにこだわりすぎたのか、暗かったり光が流れたりで、思うとおりには撮れなかった。しばらくはAUTOで様子を見たほうが良いかもしれない。

以前使っていたVictorのDV-Videoと比べて、フォーカスが鈍感というか、不必要にずれることが無い。また、ずれても復帰がとても早い。これは夫婦で実感。
デジタルズームをカットしていたが、ちょっと望遠が不足するらしい(体育館)。光学5倍、デジタル4倍の設定がよいかもしれない。

「これって、ディスクが一杯になったら終わり?」
「そう、テープみたいに交換は出来ない」
「忘れずに移動する必要があるのね。写真のデータはどうするの?」
「パソコンからだけど、写真屋で印刷するならメモリーにコピーすることになる」
「じゃぁ、メモリー欲しい」

ということで、DVDを作成するテストと、携帯用に購入したminiSDをこっちに持ってくることにする。256MBだと写真には十分だけど、映像だと数分なので役に立たない。


gigabeat F41 液晶画面防護
sheet.jpg
せっかくの綺麗な液晶画面なので、保護フィルムを貼ることにした。ここのページELECOMDGP-006Gに関する記事が出ていたので、それをメモしてビッグカメラ名古屋西店にいったけど同じものは無かった。
別の2.5Inch用のものを見つけたので買おうとしたけど倍くらい大きなフリーサイズが少し高いだけだったので、そっちにした。ここの一番下の製品。税込み510円、ポイント10%還元。余った分でgigashotV10も貼れて、まだ携帯1台分くらい余っている。
39mm×50mmがぴったりの大きさかな。
2,3回貼り直したらキチンと貼れた。至極簡単。
パッケージにメジャーがついているので、買いやすかった。これはパッケージングの勝利だね。
gigabeat F41 ファーストインプレッション
F41.jpg・音は良い.S/N比も良いみたいだし,沢山の音や声が聞こえてくる.起動するときにハードディスクの回転音みたいなものが聞こえるのはご愛嬌? 気にはならない.
・画面が綺麗.写真を見る機能も付いているので必要な品質かもしれないけど,過剰なくらい綺麗.
・大きさ,重さも適当.邪魔にならず,胸ポケットに収まっています.ネックキャリーの先にKOSS 改造イヤホンと一緒に使ってます.専用ケースなど入らない感じ.
・ストレージとしては問題ない.XP,2Kでも簡単に認識.ケーブルも特殊なものではないらしい.
・操作性は悪くないが,プラスタッチを使いこなしていない感じ.なんで,電源ボタンやメニューボタンやAボタンが付いているのか意味不明.プラスタッチだけで何とかなると思うけど,どういう考えなんだろう?
・横置きの設定で使用中.縦置き,横置きを選べる.片手で操作するには,このポジションかな,ということで試用中.

あとは,電池の持ちを確認するのと,Aボタンによるアルバムスキップが反応しない.
プラスタッチってカスタマイズできるようにすれば? gigabeat ROOMから設定転送するようにしてもいいと思う.
Xシリーズが出てるし,少しは雰囲気違うのかな?
gigabeat F41 入手!

先日来,ビデオカメラの調子が悪かったので,デジカメと供用できるようなものが無いかと探していたら,偶然,東芝の新製品を目にした.で,製品の説明会があるというので,見に行ったときにアンケートに答えたのだが,その賞品がgigabeatF41.信じられないことに当たってしまった!

128MBのノイズだらけのMP3プレーヤーから,40GBのイコライザーたっぷりのカラー液晶付に変わるのだから,相当な衝撃!.携帯電話を音楽を聴くために利用しようとした計画はご破算.

とりあえず情報収集を開始!
プレスリリース
gigabeat情報まとめサイト
gigabeatX/FシリーズWiki
P901iS 音楽は別の手段で!
その後,さらに電池が安定してきて,額面どおり300時間は持つようになった.
イヤホンの接続方法を真剣に考えていると,ヤマーダ電機で3.5mmステレオピンジャックの変換キノコつきイヤホンが1280円で売られているのを見つけた.
このキノコを携帯ストラップ風に付けておいて,音楽を聴くときには,ブスッと挿してさらにイヤホンをつなぐのがもっともスマートかなと.MP3プレーヤーはUSBメモリーとして使いながら,音楽も聴く,という2本立て構想.

と・こ・ろ・が・っ・!!!!

晴天の霹靂
HDDプレーヤーが当たってしまった(大ビックリ)
ということで,急激に携帯で音楽を聴く,という興味が薄れてしまったので,この記事シリーズはこれにて終了.
気が向いたら,透明GIFアイコンとか,カスタムジャケットとか,カメラ関係で追加するかも.