カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ardour3 で録音ができた


比較的簡単に実現できた。
1.録音用のトラックを作る。
 ステレオにすることを忘れなければ問題なし。
2.そのトラックを録音状態にする
 この状態で再生すれば、トラックに音が入る。レベルメータが動かない=音が入力されない時は、QsynthとHydrogenの出力がこのトラックにきていない。ミキサーの画面でトラックの上のほうに入力を選ぶボタンがあるのでそこで選択すればOK。
3.レベル調整する。
 音を聞きながら、バランスをとってレベル調整。
4.録音ボタンを押した状態で再生する
 すると録音用のトラックに録音される、赤い背景色になって波形が表示されて録音されていく。上の写真の下のほうのトラックがそれ。
5.ファイルにエクスポート
 終了したらトラック上で右クリックしてエクスポート。ファイル形式はいろいろ選べるが、とりあえずWAV形式で題してみた。OK!

ちょっと、はまったのは録音がMIDIファイルの最後で、ぷつんと切れてしまうこと。なんで?と考えたら、Hydrogenでのパターンファイルが終わった時点で切れていることがわかった。無音の小節をくっつけて無事解決。

それと、Fedoraの説明サイトがよくできているので覚書
ミュージシャンのガイド

次は、、、UTAUだな。以前から進歩しているだろうなぁ。


スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

Ardour3 と Hydrogen を同期できた
京都の自宅にもUbuntu Studio を入れて遊んでる。
パーカッションはサウンドフォントではなくて別音源でやりたい、というのが希望。

MIDIファイルの再生音源を変えるだけだと、別の音に割り当てられてしまって(ドラム音源が別途番号を持っている?)望みの音が鳴らない。
最初は、割り当てを変えるものを探すか、MIDIファイルをいじろうと思ったけれど、世の中はドラム音源のほうでパターンを打ち込んで、WAVで書き出すか、同期させるか、のどちらからしい。

で、同期させる方法を探したら、見つかってうまくできたので覚書。
Sync Hydrogen and Ardour

Ardour3にinternalというボタンがあるからそれを押してJACKに変えればよい、これだけ。

打ち込むのもそれほど難しそうではないし、いろんな音源をあてはめられるみたいだいし、音ごとにいじれるみたいなので、まずはパーカッション可能性は格段に広がった。万歳。

to do List
・[Ardour3] 録音の仕方、mp3ファイルでの書き出し
・UTAUの再履修(Windows)
・[Ardour3] efectの使い方
・[Ardour3] 外部音源の使い方(たぶん簡単)


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

DTM Ardour3 で音が出せた!


いろいろ調べてやっとこさ成功。参考になるのはここ。

MIDI on Linux

こちらの環境は以下のとおり。
CF-W7、Ubuntu Studio 14.04 適当なMIDIファイル。
QJackCTLを起動。Qsynthを起動してsoundfontを割り当て。
Ardour3を起動して、MIDIファイルを読み込む。

ここからが必要な処理で、
Terminal画面から「a2jmidid -e」と打ち込んでデーモン起動。
Ardour3のMIDI Configration画面から、各トラックの出力をQsynthにつなげる。
(上記の処理をしないと、Qsynthが出てこない)
(あと、Jackの接続でardourとasjをつなぐ、ひょっとしたらこれは不要かも)

参考にしたサイトには、a2jmididの自動起動の方法が説明されているけれど、うまくいかなかった。

大きな一歩を踏み出したので、次は録音かな?


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

DTM環境 再構築
midi

ノートパソコンを入れ替えたので、改めてDTMに挑戦することにした。
そのために、京都からMIDI外部音源を持ち込んだ。SC-55MK2。今回、挑戦しようと思っているDAWはArdour3。

で、外部音源を使いたいわけだけど、使ってしまうとMIXERってどうなるの?というのが今の疑問。
MIDIって音はのらないよね?って当たり前か。。。 するとノーパソにLINE入力はないから、ハード的にMIXERが必要になるの? 外部音源の音をいったん録音して、ノーパソに取り込む? あんまりハードに投資したくないなぁ、というのが正直なところ。ここに入り込むとドツボな気がする。

ちなみに、Qtractorであれば、MIDIファイルから外部音源を鳴らすところはQJackCTLを使って簡単、というか直感で操作して大丈夫だった。

まずは、英語のマニュアルを読むところからか?


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

新しいケースは、かなり良い。


小さいケースはケーブルの取回しが大変だけれど、このケースはよく考えられていることがわかった。
ちょっとパーツの選択が限られるけれど、それを補って余りあるサイズ感とケーブルの取回しの良さが気に入った。

上の写真の左側に開いているプラスチックで防護された二つの孔が重要。手前側(フロントパネル側)はビデオカードの電源が下へ、奥側はSATA用の電源が下へ。すぐ下に2.5inch、3.5inchのコネクタが並んでいるので接続は簡単。余ったケーブルは電源の左側の空間で処理。この孔の使い方が説明書にない。
向かって右側は4pinのケーブルを収めてフロッピー用の電源でSlimDriveへ。SlimDriveのアダプタは写真のようにドライブにねじ止めできるコンパクトなもの。

これで5000円を切るのだから絶対お買い得と思う。
要注意は、SlimDriveのトレーの精度があまり良くなかったこと。じっくり調整すればよいのだけれど、とりあえずフロントの面で面一にせずに、トレーを少し出しておくと解決できる。



Silver Stone Mini-ITXケース フルブラック SST-SG05BB-LiteSilver Stone Mini-ITXケース フルブラック SST-SG05BB-Lite
(2013/04/26)
Silver Stone

商品詳細を見る


テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

新しいケースを買った。さらに小さくていい感じ。
Slimdriveが手に入ったあと、SFX電源を買ったのは、ケースをより小さくしようというのが一番の目的。
というわけで、購入したのは、SilverStone SST-SG05BB-LITE (ブラック)
SST-SG05BB-LITE (ブラック)

説明書に従って、分解したのが下の写真。枠だけになってしまってビックリ。
光学ドライブとSSDはトレーにセットして枠に上から載せてねじ止めする仕様。HDDはその下に横からはめ込む感じで固定して枠にねじ止め。説明書の上の黒いパーツはねじ止めしてあったスリムドライブの蓋とねじ切ったパネル。

__ 1 (1)

次に、マザーボードをセットした状態。
USB3.0のコネクタが甘々、ちょっと力がかかると抜けてしまう。CoolerMasterはそんなことはなかったのに。

__ 2 (1)

で、ストレージと電源をセットした状態。この状態にするのは大変。
まず、電源は内側からつけることを忘れていて、一旦、ストレージを外す羽目に。LianLIもCoolerMasterも外から差し込めたから大きな勘違いをしてしまった。電源をつけてケーブルをあらかた取回してからストレージを固定。その時さっきのUSB3.0のコネクタに注意が必要。
光学ドライブの両側は、余分な長さのケーブルの取回しに有用。電源とストレージの間も24Pinと4Pinのケーブルがうねってる。

__ 3

側面もビデオカードの延長部分はケーブルの取回しに有用。
あと、HDDのコネクタの目の前がビデオカードなのでSATAの信号ケーブルはL字型が必須。
なので、寸法的には長くて厚みのあるビデオカードはつくかもしれないけれど、ケーブルの取回しを考えると結構厳しいかも。
あっ!ビデオカードの電源はストレージのトレイの孔から下に降ろすのかな?
4月8日追記
ビデオカードの電源は、光学ドライブのトレーに空いている孔から下におろすことでバッチリ。
また、SSDの電源を4Pinから変換して取っているけれど、これももう一つの孔から下におろすことで集約できる...

__ 4

大きさ的には十分満足できるサイズ。これならいいかな。しばらく使い込んでみよう、特に配線。



SilverStone SUGO PCケース CUBE miniITX SST-SG05B-LITESilverStone SUGO PCケース CUBE miniITX SST-SG05B-LITE
(2013/04/20)
Silver Stone

商品詳細を見る

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

変換アダプターを買った。

高かったけれど、他に見つけられなかったので、止む無く購入した。
ネジ止めできるのが一番のポイント!

電源が届いた!


SFX電源はとても小さい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。