カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

フレッツ光プレミアム(その9) VoIPアダプタ変更、追加番号開通!
まずは、新しくなったVoIPアダプタ、AD-200SE
AD-200SE

CTUと形状が揃って、ちょっと嬉しい。でも、CTUとの間においてある巨大なACアダプタにはびっくり、がっかり。
で、申し込みの時に、階下の両親の番号に連絡するように言ってあったのに、契約の親番号の方へ電話を入れていたらしく、留守電山盛り。しかも、両親がNTTに問い合わせた電話の返信も、親番号に繰り返し入れていたらしい。最悪の対応だね>NTT西日本。

午前中の予定が、夕方5時頃にやっと終わったらしい。自宅に帰って接続状況を確認。
初期値は、
・どちらの回線に着信があっても家中の電話がなる
・どちらの回線から発信しても親番号が通知される
というもの。
これを、VoIPアダプタにブラウザでアクセスして変更する。取扱説明書に無い項目が画面に表示されるが、肝心の部分はちゃんと記述されているので、変更自体は簡単。それぞれの回線で着信、発信番号通知できるようになって、無事安定。


で、パンフレットやHPの説明と異なることが1点。
キャッチホンと複数チャンネルは重畳契約できないとあるけれど、親番号はひかり電話エースの契約なのでキャッチホンの追加サービスが含まれている。実際、追加番号側が使用されていない状態であれば、キャッチホンの機能は働くようだ。ピピッと音がして、受話器のキャッチというボタンを押すとちゃんと切り替わった。勝手にキャッチホンの契約を切るなよ>NTT西日本。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuhotta.blog22.fc2.com/tb.php/164-3eafb886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)