カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDの作成(というかファイル変換)
母「お父さん、DVDをパソコンで見るにはどうしたらよいの?」とメール。
父「プレステで見てください」
母「プレステで見れないDVDらしい」
父「???」

帰宅してみると、ようするに映像ファイルをコピーしただけのデータDVDだった。しかも-DL。
真空波動研で調べてみると、「24bit、DVSD、29.97fps、28781kb/s」とでる。すごいビットレート。DVフォーマットってこんなの? 実際WindowsMediaPlayerで再生して、HDMI経由でテレビに映し出してみるととても綺麗、HD画質?

で、これを普通にDVDにして欲しいとのことだけど、「DVD画質にすると無茶苦茶見苦しくなるなぁ」とか、「最後にエンコードするから途中は何でも同じでは?」とか思ったり。

元のデータは壊れているらしくHDDにコピーできない。変換はできる。なので一旦適当に変換してDVDに焼くことにする。

まずは、winFF(FFMpeg)のDVD(hq)で試してみると
720x480 29.97fps 16:9 625line 9000kb/s 1,410KBytes
次に、WindowsVista付属のムービーメーカーのDVD設定だと
720x480 24Bit WMV9 30fps 2226kb/s 404KBytes(小さい)
さらに同じソフトでフルHD設定だと
1440x1080 24Bit WMV9 29.97fps 8000kb/s 1,350KBytes
順番に映像は綺麗になっている。WMV優秀だなぁ。

で1番上と下をDVDに焼いてみたけれど、全然違う、一番下の方が綺麗(=動きがあってもギザギザにならない)。

ちょっと学習できたけれど、カメラの画質が上昇したので、今後はBlue-Ray全盛になるのか? それとも家庭内LANでファイル保存?



スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuhotta.blog22.fc2.com/tb.php/321-43e3bcfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。