カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

家庭内LANのプライベートアドレス変更
自宅で使っているワイヤレスルータ「WHR-G301N」、
これに対して、単身赴任先で使っているのが、「WZR-HP-G301NH」。
ちょっとだけ、単身赴任先の方が性能が良いと思うので、入れ替えようと思い始めたわけ。

で、ついでだからサーバの設定なんかも変えようと思ったわけ。
自宅のプライベートアドレスは、今は192.168.0.x、変えたいのは192.168.1.x。
実はこれが大きな勘違いだったことが後でわかる。本当に変えたかったのは192.168.11.x。これはU-Bootの初期値、そうであれば、今回のような問題は生じなかった。

1.CTUの設定から、払い出しのLANアドレスを変更する。
 192.168.1.xで配りなおすように設定、再起動、VoIP再起動...電話つながりません。
 仕方が無いので、取扱説明書を探し出して読むと、VoIPアダプタのLAN側IPアドレスの初期値が192.168.1.1/24なのでCTUとVoIPの設定がぶつかってはだめだそうだ。

2.CTUの設定を初期値の24にする。
 なので、192.168.24.xに設定、VoIP再起動、電話も無事つながる。

3.Webサーバ(初代玄箱)の設定を変更して、sshの設定を見直す。
 アドレスを192.168.24.100に変更する。CTUは事前に設定済み。
 sshがrootでログインできる設定になっていたので、ユーザーを作成してrootでログインできないように設定する。
 単身赴任先からこのサーバを操作するのが目的だけど、果たしてうまくいくのか?
 あと、dnsmasqの設定もIPアドレスをしているので要注意。

4.LAN内のサーバを固定アドレスからdhcpに変更する。
 LS-GLの設定を見直す。

以上で終了。初代玄箱の再起動が不安定だったのがちょっと不安、というか訳わからない状態。コマンドで「reboot」と打ったときの挙動が一番良かった(赤ランプが点滅して、ドライブ構成が違うよと言ってくれるところからスタートする。)


1月最初の連休に、無線ルータを入れ替える予定。
ちょっと、バッファローのサイトを調べたら、楽しそうな製品が出ていてがっかり(;o;)


USB用データカードにも対応したeco&11nハイパワー


BUFFALO 11n/b/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation単体 WZR-HP-G302HBUFFALO 11n/b/g対応 ハイパワー 無線LANルーター AirStation単体 WZR-HP-G302H
(2010/12/01)
バッファロー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuhotta.blog22.fc2.com/tb.php/484-494fb35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)