カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ubuntu studio qtractor qsynth で 複数のサウンドフォントを使い分ける


Qsynth を使うといちいちトラックごとにDSSIを設定しなくても、音源(サウンドフォント)を割り当てられることが分かった。
じゃぁ、複数の音源(サウンドフォント)を使い分けるのは?と思って試したのが上のキャプチャ。
これが正しいかどうかは分からない。Qsynth のoffset を使うという説明も見かけるし。

トラックのプロパティでInput/Output を選択するところで、その右の「...」ボタンをクリックすると上記の画面が出てくる。
適当にName を変えて Create を押せばよい。OKですすめると、Qjackctl のConnection の ALSA 画面の左側に変更したName 右側にQsynth1,2 が出てくるのでこれを接続すればよい。

すると、Qsynth で選択したサウンドフォントで音が出てくる。
これで FluidR3 の音が気に入らなければ、Drums でも、Solo でも入れ替えることができる。

これは、音を出すという環境は整った気がする。万歳!。
次はエフェクトと、トラックの音量調整かな?
楽しみは続く。嬉しい!!!



スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuhotta.blog22.fc2.com/tb.php/569-68e91ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。