カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

広告リンク


無料

ポケカな親子の日常生活
日常生活で、購入したもの、利用したものを紹介していこうと思います。今のところ、音楽、コンピュータ、映像/画像関係がメインです。どうぞ、よろしく。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battery Monitoring が動作した! していたかも(?)
前日、色々と情報から試してみたけれど改善されないので、ダメ元でFirmwareを更新することにした。どうせなら、ということでBetaflightに。バージョンは、3.1.7 2017-4-10。Configratorは、3.1.1.
参考にしたのはここ。SP RACING F3 EVO Brushled データ・設定(QX95/QX105/LT105)
書かれている通りに実行して無事に更新。違っていたのは、ZadigのBootloaderの左の枠のドライバ名がSTTなんとかだったくらい。
こっちの動画の方がよいかも。

で、きれいさっぱり設定が消えているので、ぼちぼちと手直ししてから、LEDの設定へ、、、

ダメだっ! 以前と同じくバッテリーレベルはうす紫で点滅している。

仕方がないので、Beep音だけでも出てくれればよいと思って飛ばして確認することにした。
で、目の前でホバリングさせてみると、「あれ?ミドリで光っている?」 (@o@)
ということで、Armした時点で色が変わっている。以前もそうだった?(そんなはずはないと思う)。
さらに、
しばらく飛んでいると、色がどんどん変化していくのでバッテリーが減っていることが見て取れる。
そして、ついに赤点滅、さらにBeep音! やったー!

結果オーライで無事動作するようになりました。
当初の予定通り、飛行直前の確認に利用できるように設定しようと思います。
RSSI、Battery、Arm with Warning、FlightMode、で。

めちゃくちゃハッピー!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsuhotta.blog22.fc2.com/tb.php/781-2613aec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。